• 屋根のリフォーム

    住まいのリフォームには屋内だけでなく屋外も出来ます屋外の場合には外壁と屋根が大きく当てはまり、これらは劣化しやすいところになっていますので耐久性などを上げるためにもリフォームをすることです。

    Read more
  • 注目の記事

    補修をする

    屋根のリフォーム

    キッチンを使いやすく

耐震を行う

住宅の床をピカピカにする、フロアコーティングの業者を探すなら口コミ情報を必見!長期的な綺麗な空間を保ち続けますよ。

耐震リフォームはいくらかかるのか

耐震リフォームを行いたいけれども、一体費用がいくらかかるのか不安に思っている方も多いと思います。木造住宅の場合ですと住宅の状態にもよりますが、100万円から200万円くらいが相場のようです。ただし補強箇所や補強内容によっては結構バラツキがあります。通常の住宅リフォームを行う際に合わせて耐震リフォームも行うと単独で耐震リフォームを行うよりも割安でできますので、住宅リフォームを行う際は検討してみることも良いと思います。さらに国や地方公共団体による融資制度や助成制度を利用すればさらに負担金額は減ります。1平方メートルあたりの耐震改修工事費はおよそ2万7千円ですので、それに延べ床面積と耐震改修前後の評点を用いればおおよその耐震リフォーム費用が算出できます。事前に費用目安を知りたい方は一度計算してみても良いと思います。

耐震性能の重要性について

日本はもともと地震の多い国であり、さらに阪神淡路大震災や東日本大震災など大きな被害をもたらした地震が発生していますので地震対策への意識は非常に高まって来ております。住宅の倒壊は被害が発生した場合には非常に甚大な影響がありますので、耐震性能は住宅の評価基準の中でも非常に重要な点です。また昭和56年の耐震基準強化以前の旧耐震基準で建てられた住宅は震災時に大きな被害が出ており注意が必要です。耐震リフォームにはまず耐震診断を行います。それによって耐震性能を示す評点が1.0未満の場合には対策が必要となってきます。耐震リフォームには決して安くはない費用が発生しますが、万が一被害に合った場合の復旧費用を抑えられるメリットもあります。暮らしの安全を手に入れるため耐震性能の強化は非常に大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加